骨盤の歪みを直すことが効果的

ウェストのシェイプアップ方法としてあげられるものに、骨盤体操や骨盤ダイエットがあります。この方法は、特別な道具も、決められた場所に行く必要もありません。

寝る前や、食事前のちょっとした時間さえあれば、実行できる簡単な体操です。基本的には、骨盤を使った運動を、一日三回行います。一回の運動は10分程度で終了し、ウエストのシェイプアップに有効です。

左右非対称の姿勢や、出産によって、骨盤は徐々にずれが出てきます。何か特異なことをしていたために骨盤がゆがむというよりは、毎日同じ姿勢を繰り返していたことが、骨盤をゆがませることが多いといいます。

骨盤体操でのシェイプアップとは、骨盤のズレを、運動で適切な状態になるように誘導するという方法になります。骨盤からついている筋肉が、ウエストを支えています。

ですから、骨盤が正常な位置にあるかどうかはウェストのシェイプアップを成功させられるかどうかに大きく影響してきます。骨盤は人間の土台といわれることもあり、下半身の筋力も骨盤が大きく関わっています。

内臓の場所を決めているのも骨盤なので、骨盤がずれると内臓に影響が出ます。骨盤でしっかりと内臓を支え切れていないと、内臓下垂といって、内臓が骨盤まで落っこちてしまいます。

下に下がりすぎた内臓は十分に機能しなくなってしまうため、体温も下がり、新陳代謝もしっかり行われない体になります。骨盤に歪みがあることで、内臓が前にせり出てしまい、でっぷりと太ったお腹のようになることがあります。

このために、骨盤の歪みを直すことが、ウエストのシェイプアップに効果的だと言われています。